信用情報機関に登録される情報について

個人信用情報を収集し提供・管理する機関を信用情報機関といい、金融機関等は与信審査の際に情報を参照します。

 借金の返済が滞った場合,金融機関等は個人の経済的信用力に関する情報(これを「個人信用情報」といいます)に延滞情報の追加登録を信用情報機関に依頼します。
信用情報機関は、「個人の信用」を客観的に表した信用情報を収集し、提供・管理する事業を通じて消費者と会員会社であるクレジット会社やローン会社などとの健全な信用取引を支えています。
“信用情報機関に登録される情報について”の詳細は »

経過利息と将来利息について知ろう

悪質な債権者=消費者金融等の中には、経過利息及び将来利息の減免を認めずに利息をつけ続ける所もあるので専門家のバックアップに基づいたガードをしてもらいましょう

債務整理に置いて将来利息とは,和解時から完済するまで、例えば3年ないし5年の利息のことをいいます。もし、弁護士や認定司法書士などの専門家を付けなければ,この間も高金利なような 高利率のおまけがつけられている可能性もあります。
“経過利息と将来利息について知ろう”の詳細は »

任意整理は専門家にお任せください

任意整理のメリット 司法書士の介入後、「受任通知」を受け取った業者が、取立てを行うことは、法律で禁止されています。 司法書士が交渉します。将来利息がカットされる可能性があります。

かtt任意整理とは、裁判所を通さず、司法書士が直接、貸金業者と話し合い、借金の減額・将来利息のカット・返済回数などを交渉するお手続きです。
利息制限法に基づいた再計算をして、圧縮された借金を、原則、3年で分割返済をしていきます。
こんな方におすすめです
・一部の業者を外して借金を整理したい方
・借入れ期間が長い方
・周りに内緒でお手続きを進めたい方
任意整理のメリット
家族に内緒でお手続き 貸金業者からの、取立てが止まる
司法書士の介入後、「受任通知」を受け取った業者が、取立てを行うことは、法律で禁止されています。
司法書士が交渉します 原則、将来利息がカットされる
交渉によって、今後の利息をカットでき、元本のみを返済していくことになります。
翌日には督促がストップします 過払い金を請求できる場合がある
利息制限法での再計算により、過払い金が発生していれば、取り戻すことができます。
引き直し計算をします 一部の貸金業者を選ぶことができる
「保証人がついている」「車のローンが残っている」などの事情から、特定の業者を、整理する対象から外すことも可能です。
費用の分割も可能です 誰にも知られずに借金を整理することができる
裁判所を利用せず、官報にも載りませんので、家族や勤務先などに、内緒でお手続きができます。
任意整理のデメリット
任意整理について正しい知識を ブラックリストに載る
信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されるため、5年~7年程度、新たな借入れをしたり、クレジットカードを作れません。
まずはお電話ください 取引の内容によっては再計算しても減額が少ない
元本のカットはなく、利息制限法に基づく再計算による減額のため、大幅な減額ができない場合があります。

任意整理とは、裁判所を通さず、司法書士が直接、貸金業者と話し合い、借金の減額・将来利息のカット・

返済回数などを交渉するお手続きです。

利息制限法に基づいた再計算をして、圧縮された借金を、原則、3年で分割返済をしていきます。
“任意整理は専門家にお任せください”の詳細は »

貸付契約と債務整理

債務整理になったらきちんとした範囲で貸し付けられているのかどうかを確認することも必要です。

貸付契約には4種類があり、「個人向け」「個人向け」「法人向け」「法人向け保証」となります。貸付契約の総量規制とは・・・・・個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを総量規制といいます。債務整理をする前にこれを知っていると借りすぎを防ぐことが出来ます。ですので、これを無視して貸しますというような金融機関は高金利であることがほとんどなので要注意です。しかし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象外になりますので注意が必要です。総量規制の対象になるのは「個人向け貸付け」だけなのです。ですので、債務整理になってしまったら貸し付けの契約を再度見直してみるのも方法のひとつです。あなたの借りるべきお金以上に貸し付けている可能性が無きにしも非ず、なのです。
“貸付契約と債務整理”の詳細は »

債務整理の中で悪質な取立や貸し借りがあった場合

債務整理の中で悪質な取立や故意に払えない状態にもかかわらず更に債務を 踏み倒されるようなことが合った場合、法に基づいて罰則を適用することが可能です。

払えないとわかっている状態で相手にお金を借りたり、逆に悪質な取立てにあった
“債務整理の中で悪質な取立や貸し借りがあった場合”の詳細は »

特定調停と債務整理の細部を説明します

債務整理の中の特定調停は費用も安く、簡易な手続きを裁判所に提出できるものであるが、決着がつかない場合は審判手続きに移行、過払い金返還請求は別に必要です。

特定調停とは・・・・・・・債務整理の中での特定調停についてお話します。

債務の返済ができなくなるおそれのある債務者(特定債務者)が

経済的再生を図れるように特定の債務者が負っている金銭債務に係る利害関係の調整を行うことを特定調停といいます。費用も安く申し立てが出来ることが特徴です。

特定調停を申し立てる場合必要なものは以下の通りです。

★特定調停申立書

★財産の状況を示すべき明細書

★その他特定債務整理者であることを明らかにする資料及び

関係権利者一覧表などの書類

★申立手数料(収入印紙)

★手続費用(予納郵便切手)

これらを簡易裁判所に提出する必要があります。提出する書類の記入はペン又はボールペン(鉛筆書きは不可。)で記入しなければなりません。また、パソコン等を使用して

作成したものでも受け付けてくれます。申立ての内容によっては、書類等の追加提出を求められることもあります。特定調停手続は法人、個人、事業者か否かを問わずに利用することができる債務整理です。合意が成立し、これを調書に記載したときは確定判決と同一の効力があります。中には調停委員が事情を聴き、必要があれば事実の調査を行うこともあります。簡易な手続で出来るため、費用をかけずに法を使いたい人には向いています。

ただし、決着がつかない場合は裁判手続きに移行することもあります。また過払い金が生じているような場合には過払い金返還請求は別途起こす必要があります。

費用等は、申立ての費用:個人が申し立てる場合、

業者1社につき700円程度(金額は裁判所により異なるが内訳は切手代400円、印紙代300円など)が必要で、出廷回数については裁判所に来る回数は2回程度で終わります。

相談が無料の債務整理に強い横浜の専門家
司法書士の中には債務整理を数多く経験しているひとがいて、安心して相談できるようです。
www.amis-y.com